トリニティ・プラス|たるみ、しわ、ニキビ跡、しみの悩みなら名古屋 栄にあるクリニックビザリア

TREATMENT MENU

トリニティ・プラス

最新複合治療機ePlusで、しみ・しわ・たるみをトータルケアします。

トリニティ・プラスとは

光とRFの最新複合治療器ePlus(eプラス)を使用し、お肌の『色調』・『形状』・『質』をトータルで治療します。

トリニティ・プラスとは

ePlus(eプラス)に搭載された3種のアプリケーター

  • 「SR」または「SRA」美肌治療
  • 「サブライム」たるみ治療
  • 「モチーフIR」しわ治療

この3つを同日に照射し、複合的な肌のお悩みを改善していくコンビネーション治療です。
トリニティプラスは即効性があり、痛みもほとんどないすべての肌タイプに適した治療機です。

YOUR WORRIES

対象となるお悩み

  • 顔のたるみが気になる。
  • しわが気になる。
  • ほうれい線・マリオネットラインが気になる方。
  • 目の周りや頬・顎のたるみが気になる方。
  • 毛穴の開き、ニキビ跡などの皮膚表面の凹凸が気になる方。
  • 肌にハリがないと感じる方。
  • 肌質を改善したい。
  • エイジング効果の持続させたい。

FEATURE

トリニティ・プラスの特徴

ePlus(eプラス) トリニティ・プラス ePlus(eプラス)は光・赤外線・レーザーにRF(高周波)を組み合わせて同時照射することで、より安全かつ効果的な治療ができます。
また痛みやダウンタイムも少なく、安心して治療を受けることができます。

色調改善だけではないSRアプリケータのアプローチ

色調 従来の光治療が光エネルギーのみでアプローチしているのに対し、ePlusでは、光エネルギーに加えてRFエネルギーが補完的に働くことで、相乗効果を生み出します。

SRアプリケータでは、従来の光治療では難しかった真皮上層も加熱することができます。まず、光エネルギーが真皮乳頭層の毛細血管に吸収されて少しだけ温度を上げます。その後、RFエネルギーが予熱を与えられた真皮乳頭層に集まり、安全に熱を与えます。
短期的には真皮上層の炎症による浮腫、長期的には繊維芽細胞の活性化によるコラーゲン産生により、ハリやキメ、小じわ、毛孔開大など、色調改善以外にも効果を発揮します。

深部加熱を実現したSublimeアプリケータのアプローチ

形状 波長700mm~2000mmの赤外線(IR)とRFエネルギーを組み合わせたSublimeアプリケータは、はじめに赤外線で加熱し、その後RFエネルギーによって真皮全体に均一な熱エネルギーを与えます。表皮はコンタクトクーリングによって温存され、安全に治療ができます。

即時的なタイトニング効果や一時的な浮腫による肌のハリ感を治療直後から実感でき、長期的には加熱された真皮全層の創傷治癒過程でのコラーゲン産生を促します。また、治療を繰り返すことで、長期にわたるタイトニング効果が期待できます。

高いエネルギー密度によるMotif IRアプリケータの強力アプローチ

肌質 波長915nmのダイオードレーザーとRFエネルギーを組み合わせたMotif IRアプリケータは、スポット内で6等分にしたレーザーを照射することにより、エネルギー密度の高い熱の帯を作り出し、その結果、深達度を高め、高温の熱を与えることができます。
また、熱の影響を受けない正常な組織を残すことにより、スピーディな創傷治癒を可能にし、副作用や痛みをより少なくします。
さらに、表皮をコンタクトクーリングで温存するので安全です。

Motif IRには、“IRモード”と“モチーフモード”の2種類の治療モードがあり、この2つのモードを組み合わせて治療をおこないます。
“IRモード”は、より深い部分にまで熱を作用させるモードです。額、目の周り、口の周りなどの深いシワの部分に「ピンポイントで照射」します。
“モチーフモード”はIRモードよりも浅い部分に熱を作用させるモードです。浅いシワ、毛穴、キメ(テクスチャー)の改善が目的で、「顔全体に照射」します。

アプリケータ SR/SRA Sublime Motif IR
IRモード モチーフモード
エネルギー パルスライト+RF 赤外線+RF ダイオードレーザー+RF ダイオードレーザー+RF
適応 色素斑、赤み、ハリ、テクスチャ たるみ(深層)、しわ(鼻唇溝)、小じわ、キメ、毛穴(頬)、ハリ、テクスチャ 小じわ、しわ、毛穴(鼻)、スカー たるみ(浅層)、ハリ、テクスチャ、小じわ、キメ、毛穴(頬)
加熱温度 60度以下 60度以下 60度以上 60度以下
深達 ~1mm ~4mm ~2mm ~1mm
メカニズム 熱ダメージによるメラニン顆粒のターンオーバー促進 熱刺激によるコラーゲンのリモデリング 熱凝固によるコラーゲンのリモデリング熱の影響を受けない組織を残す 熱刺激によるコラーゲンのリモデリング熱の影響を受けない組織を残す
照射部位 全顔 全顔または部分 部分 全顔または部分

トリニティ・プラスのアプローチの比較

それぞれ肌に作用する強さと深さ、面積が異なるため、組み合わせて治療を行うことにより、相乗効果が期待され、より効果的な治療を行うことができます。

トリニティ・プラスのアプローチの比較

FLOW

トリニティ・プラスの治療の流れ

施術前
施術箇所をクレンジングし、メイクをきれいに落とします。
施術
ジェルを塗布し、治療範囲を照射します。
強い痛みはないので通常は麻酔をしませんが、個人差や部位によって痛みを感じる場合もありますので、不安な方は医師にご相談ください。
照射後はしっかりクーリングしてお肌を鎮静します。
アフターケア
治療直後よりメイクは可能です。
特別な日常生活の制限はありませんが、術後はしっかり保湿し、強い日焼けを避けてください。
日中は日焼け止めをご使用下さい。

CASE

トリニティ・プラスの症例写真

症例5-1
施術前
症例5-2
施術後
たるみの改善
症例6-1
施術前
症例6-2
施術後
しわの改善

PRICE

トリニティ・プラスの施術料金

範囲またはショット数 回数 料金
フォトRF(SR) + サブライム + IR   ¥70,000
5回セット ¥315,000
お肌
エイジングケア
ボディ
その他