タトゥー

脱毛したい部分にタトゥーがあっても大丈夫? 施術可能な脱毛方法とは

一昔前まではタトゥーを入れている人は少数でしたが、最近ではファッションの一部としてタトゥーを入れる方が増えています。
とはいえ、タトゥーを入れていることによって制限されることがいくつかあるのが現状です。とくに、女性の場合、脱毛にどのような影響を与えるのかは気になりますよね。
脱毛したい部分にタトゥーがあっても施術を行ってもらえるのか、脱毛を検討している方に向けて解説いたします。

タトゥーがあると脱毛できない!?

美容クリニックや脱毛サロンなどで受けられる脱毛は、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2つが主流になっています。これらは、メラニン色素に反応するレーザーや光を照射することで、毛母細胞にダメージを与えて脱毛効果をもたらすというもの。
しかし、このレーザーや光はタトゥーにも反応する恐れがあります。
タトゥーは、特殊な染料で皮膚に着色しているため、レーザーや光がタトゥーの色素にまで反応し、その部分の皮膚にもダメージを与えてしまう可能性があるのです。
レーザーや光がタトゥーに作用した場合、痛みや火傷を伴ったり、タトゥーが薄くなるなどのトラブルが発生します。
タトゥーがある場合、クリニックやサロンで施術を断られるケースもあるので、注意しておきましょう。

タトゥーがあっても可能な脱毛とは?

タトゥーがある場合、その部分にはレーザー脱毛や光脱毛を行うことはできません。
しかし、「電気脱毛(ニードル脱毛)」であればタトゥーがある部分でも脱毛をすることができます。
電気脱毛とは、毛穴の1つ1つに電気を通し、毛乳頭を破壊する施術のこと。
この方法であれば肌や毛の色に関係なく施術ができるため、タトゥーがある部分でも脱毛が可能です。ただし、電気脱毛はレーザー脱毛や光脱毛に比べると費用が高く、強い痛みを伴います。このことを十分に理解した上で、施術を検討しましょう。

脱毛とタトゥーの両方を検討している場合は

「脱毛もタトゥーもどちらも行いたい」と考えている方には、まずは先に脱毛を行うことをおすすめします。
タトゥーの入っていない状態であれば、レーザー脱毛や光脱毛を通常通りに行うことができるため、両方の願いを叶えることができるのです。
しかし、光脱毛はレーザー脱毛に比べて出力が弱く、施術期間が長くなってしまうという特徴があります。極力早くタトゥーを入れたいという場合には、美容クリニックで受けられるレーザー脱毛を選択するのがいいでしょう。
ただし、一度入れたタトゥーは簡単に消せるものではありません。この点も十分に理解しておきましょう。

脱毛したい部分にタトゥーがあっても大丈夫? 施術可能な脱毛方法とは

脱毛を行ってツルツルの肌を手に入れた上でタトゥーを行えば、こだわりのデザインがより映えることでしょう。
まずは脱毛を先に行い、ムダ毛ゼロの自慢の肌を手に入れてくださいね。