くすみ

脱毛直後のお風呂はNG! シャワーならOK? 【体を洗うときの注意点】

ほとんどのクリニックでは、脱毛の後にはお風呂に入るのを控えるよう指導されます。でも、脱毛後の入浴はなぜNGなのでしょうか?
その理由や、脱毛後にシャワーを浴びるときの注意点について知っておきましょう。

脱毛後はお風呂に入れない理由

脱毛の施術時にクリームやジェルを塗ることが多いため、脱毛後はじっくりと入浴したくなることでしょう。しかし、脱毛当日にお風呂に入るのはおすすめできません。
なぜなら、最近の脱毛施術は肌に優しいものが増えてきましたが、それでも少なからず肌に負担をかけてしまうからです。

特に医療機関でおこなわれている脱毛効果が高いレーザー脱毛などは、熱エネルギーを毛根に当てるメカニズムになっています。そのエネルギーは一瞬で毛根を破壊するほど。脱毛施術後の肌は、強い日焼けや軽いやけどを負ったのと同じような状態になっているため、入浴による刺激を与えないほうが良いのです。

脱毛施術後にお風呂に入るとどのような肌トラブルが起きるのか

脱毛施術後のデリケートな肌でお風呂に入ると、熱がこもってダメージや炎症を起こしてしまう危険性があります。お湯につかると血行が促進されるため、肌に赤みやかゆみが出てしまう恐れもかなり高くなるでしょう。

さらに、お風呂をキレイに洗っているつもりでも、お風呂のお湯には雑菌が繁殖しています。じっくりと湯船につかることで肌に雑菌が移ってしまい、炎症や化膿が起きる恐れもあるのです。

シャワーを浴びるときの注意点は?

シャワーを浴びるときの注意点は?

脱毛施術後はお風呂に入るのがNGだとしても、一日の終わりには体を清潔にしたいことでしょう。その場合は、シャワーを浴びるようにしてください。実際、多くのクリニックでもシャワーだけなら問題ないと指導されるはずです。

シャワーを浴びる際は体温の上昇や肌ダメージを防ぐため、熱いお湯は避けてぬるいお湯でシャワーを浴びるようにしましょう。
また、施術をした部分をボディタオルなどでゴシゴシと洗うと、肌の炎症が起きてしまうことがあります。体を洗うときにはボディソープを手で泡立て、軽く撫でるようにしてからしっかり洗い流すようにしてください。

また、施術後数日はシャワーのみにとどめ、肌の熱のこもりが引いてくる3日後ぐらいを目安にお風呂に入るようにしましょう。

脱毛後の肌は、自分が思っているよりもずっとデリケートな状態です。せっかくキレイな肌を手に入れるために脱毛に通っているのですから、肌トラブルが起きないよう施術後の肌にも細心の注意を払いましょう。

また、肌に少なからず負担をかける脱毛治療は、確実で安全性が高いクリニックで受けることをおすすめします。「ムダ毛を気にすることなくオシャレを楽しみたい」「ムダ毛の自己処理による肌トラブルを何とかしたい」とお考えの方、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。